FC2ブログ
乙種アート仲立プロジェクト~乙仲隠れ美術館~
街の中にさりげなくアートを展開し、街歩きとアートを楽しむ仕掛けを行います。
目次



プロジェクト趣旨

みなとspace26管理人

Author:みなとspace26管理人
このプロジェクト名は、乙仲隠れ美術館となっていますが、決して美術館を建てるプロジェクトではありません。むしろ、美術館とは対照的な形でアートを楽しむ機会を提供していきます。街の中にさりげなくアートを展開し、街歩きとアートを楽しむ仕掛けを行っていきます。また、アートを媒体に地域コミュニティが推進されるきっかけともします。
 乙仲通は、かつて乙種海運仲立業が軒を連ね、神戸港の繁栄を支えた所でした。この乙種海運仲立業は、当時、乙仲さんと呼ばれ、今の通りの名前もこの由来によります。
海運を取り巻く環境も大きく変わり、今は、街の様子もすっかり変わりました。
現在も歴史的にも注目される近代建築が残り、その歴史性に魅了されてか、個性的な雑貨やカフェ、ギャラリーの店が出店してきています。こうして新しい街へと姿を変えていく中で乙仲通らしい特徴的なお店も目立つようになって来ています。それが新しい乙仲さんです。
かつての海運の仲立から新しくアートの仲立へ。
アートと人、アートと街、アートとカフェ、アートと雑貨、アートと本、アートとお酒など、アートとの仲立を行う新乙仲さん。その新乙仲さんを乙仲通の魅力としてスポットをあてていきます。
街のガイドブックを片手に乙仲通にある雑貨、カフェ、おしゃれ、そしてアート。乙仲通の日常とアートやデザインを一緒に楽しんでいただくことが、乙仲隠れ美術館です。



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



乙種アート仲立プロジェクト~乙仲隠れ美術館
乙種アート仲立プロジェクト~乙仲隠れ美術館~とは
                                      神戸ARTサポーターズ企画
                                      協力:乙仲通まちづくりコンベンション
                                          神戸市デザイン都市推進室

乙仲通は、かつて乙種海運仲立業が軒を連ね、神戸港の繁栄を支えたところでした。
海運を取り巻く環境も大きく変わり、今は街の様子もすっかり変わりました。
かつての海運の仲立からアートの仲立へ。
アートとカフェ、アートと雑貨、アートと本など、この乙仲通にはアートとの仲立を行う新乙仲さんがいます。
まちのガイドブックを片手に新乙仲さんとの出会いを楽しみましょう。
乙仲通の日常とアートやデザインをゆったり楽しんでいただくのが乙仲隠れ美術館です。


乙仲隠れ美術館の開館期間
 平成21年10月3日(土)~11月23日(月・祝)(神戸ビエンナーレ2009開催期間)


作品展示場所
 みなとspace26(神戸市中央区海岸通4-3-17 清和ビル2F26号室)と乙仲通の各所
 (地図をご参照ください。)


展示内容等
 ◆特別展示等
    神戸ビエンナーレ2009の開催時期に合わせてアーティスト山村幸則氏を中心に特別展示等を展開。

 ◆常設展示
    新乙仲さんを中心に乙仲通の日常のアートを楽しんでいただきます。

 ◆展示内容等の最新情報
    みなとspace26は平成21年11月末を持って閉鎖しました。
    なお、神戸ARTサポーターズの活動は引き続き行っていく予定です。
    具体的な予定が決まりましたらお知らせしていきます。

   
☆みなとspace26のつぶやき☆

☆乙仲隠れ美術館に関する神戸ARTサポーターズの活動状況☆







スポンサーサイト